「Google Pixel 4」、一部ユーザーから顔認証機能が利用出来なくなったとの不具合が報告される

9To5Googleによると、「Google Pixel 4」シリーズの一部ユーザーから顔認証機能が正常に動作しなくなったとの不具合が報告されていることが分かりました。

不具合を報告するユーザーの話によると、顔認証を使用した場合に「顔を認識出来ません。再度試して下さい」や「顔を認識できません。ハードウェアが利用できません」(上記画像参照)との警告文が表示され、顔認証でロックを解除出来ない状況とのこと。

発生原因は不明なものの、2019年11月や2020年1月のセキュリティアップデートを適用した後に正常に動作しなくなったとの報告があり、顔の再登録やセーフモードでの起動を試しても不具合は解消されず、工場出荷状態へリセットを行うことで解消したとの報告例はあるようです。

なお、Googleがこの問題を認識しているのかは不明ですが、ソフトウェアでの不具合の可能性があり、将来のソフトウェアアップデートで修正されるものと予想されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。