Microsoft、障碍者向けのXboxコントローラー「Xbox アダプティブ コントローラー」を国内でも発売

本日、日本マイクロソフトが、米国では2018年6月に発売されていた障碍者向けのXboxコントローラーである「Xbox アダプティブ コントローラー」の販売を国内でも開始しました。

「Xbox アダプティブ コントローラー」は、アクセシビリティに対応し、通常のコントローラーではプレイが困難なユーザーを対象として、様々な支援団体と協力して開発されたもの。

本体には巨大なA/Bボタンや十字キー、Xboxボタン、メニューボタンが配置されており、本体背面に様々な操作方法や入力に対応する3.5mmジャックが用意されていて、この3.5㎜ジャックに既存の様々なスイッチやアクセシビリティ向け入力機器を接続することにより、ユーザーの身体の状態や遊ぶゲームに応じた環境を作れる仕組みが特徴です。

また、本体の左右側面にはUSBポートが用意されており、こちらにも市販のUSBコントローラなどを接続して利用することも可能で、Windows搭載PCでも利用可能です。

なお、国内での価格は10,978円(税込)となっています。

Xbox アダプティブ コントローラー – Microsoft

[via PCWatch

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。