「MacBook Pro 16インチ」に外部ディスプレイを接続するとCPUパフォーマンスが低下するとの問題が報告される

MacRumorsのフォーラム 1/2に投稿された情報によると、「MacBook Pro 16インチ」の一部ユーザーから外部ディスプレイに接続するとCPUのパフォーマンスが低下すると不満が報告されていることが分かりました。

「MacBook Pro 16インチ」は6K解像度の「Pro Display XDR」を2台接続可能ですが、CPUパフォーマンス低下の問題は、ハイエンドの「Pro Display XDR」からフルHDディスプレイまで、ディスプレイの仕様に関係なく発生し、外部ディスプレイに接続すると「MacBook Pro 16インチ」のCPUパフォーマンスが著しく低下するとのこと。

これはGPUの電力消費が影響しているようで、「MacBook Pro 16インチ」を外部ディスプレイに接続するとGPUが「Radeon Pro 5300/5500M」に切り替わり、Radeon GPUの消費電力が外部ディスプレイに接続していない時と比べて13〜15W増加し、これによりCPUの動作周波数が1.9GHz〜2.3GHzへと制限される模様。

1つの回避策としては、「MacBook Pro 16インチ」をクラムシェルモードで利用することが挙げられており、この場合はGPUの消費電力が約5Wに抑えられるそうです。

なお、この問題は「macOS Catalina」のドライバが原因ではないかとみられており、将来的にアップデートで修正されるのではないかと予想されています。

[via iPhone Hacks

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。