「マリーナベイ・サンズ」にオープンすると噂の「Apple Store」は”浮かぶ球体”が特徴に??

以前よりAppleはシンガポールの総合リゾートホテル「マリーナベイ・サンズ」に新しい直営店をオープンすると噂されていますが、The Straits Timesによると、その「マリーナベイ・サンズ」に出来る新しい直営店は”Floating Orb(浮かぶ球体)”が特徴になるかもしれないことが分かりました。

(via The Straits Times

「マリーナベイ・サンズ」の前にある海上で2016年まで「Avalon」というナイトクラブが営業していたのですが、現在はその跡地に遠くから見ると浮いているように見える球体の建物が建設されており、地下には水中通路があり、近くのショッピングセンターまで繋がっているそうです。

そして、この球体は世界各国のApple Storeを設計しているFoster+Partners(フォスター・アンド・パートナーズ)によって設計されたApple Storeであるとの情報があるとのこと。

(四角で囲まれたところが球体のある位置)

なお、既に建物自体は完成しているようですが、いつ頃オープンするのかはまだ不明です。

[via iMore

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。