Microsoft、Chromium版「Microsoft Edge」の正式リリースを前にベータラベルの削除を一部でテスト中

Microsoftは2020年1月15日にChromiumベースの「Microsoft Edge」を正式にリリースする予定ですが、その正式氏リースを前に同ブラウザのベータ版のアイコンからベータのラベルを削除するテストを行っていることが分かりました。

これは、正式リリースに向け一部のユーザーでベータラベルの削除をテストしているものとみられています。

Chromiumベースの「Microsoft Edge」が正式にリリースされた際は、セキュリティを強化し、最新の状態に保つために自動更新を通じてChromium版「Microsoft Edge」が配布され、旧「Microsoft Edge」は利用出来なくなる予定です。

なお、Chromiumベースの「Microsoft Edge」のインストールした後も旧「Microsoft Edge」を利用したい場合は、並行利用をグループポリシーなどで有効化することが可能で、Chromiumベースの「Microsoft Edge」への置き換えをブロックするツールも企業向けに提供されています。

[via MSPU

1 COMMENT

匿名

どのクライアントも社内で構築するシステムからEdgeを隔離する様な発注をしてくる。
出来の善し悪しとか関係無く、IEありきで構築してるから莫大な金かけて変更する理由が無い。
IEの開発辞めるくらいの覚悟がないと無理だよこれ。

現在コメントは受け付けておりません。