米Anker、MFi認証を取得した初の「iPhone」向け外付けLEDフラッシュを発表

先日、AppleがMFi認証(Made For iPhone)に「iPhone」用の外付けフラッシュを含める方向で準備を進めているとの報道があったのですが、本日、米Ankerが、MFi認証を取得した初の外付けLEDフラッシュ「iPhone LED Flash」を発表しました。

本製品は「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」シリーズに対応し、MFi認証を取得した外付けLEDフラッシュで、Lightningコネクタで接続することで利用可能で、標準のカメラアプリやサードパーティ製のカメラアプリで動作するとのこと。

「iPhone」の内蔵フラッシュと比較して、2倍と4倍の明るさがあり、1回の充電で約1万回撮影が可能で、取り外し可能なディフューザーが付属しています。

なお、価格は49.99ドルで、来月より出荷開始とのことで、将来的に日本でも発売されるものと予想されます。

[via 9To5Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。