Instagram、アプリ内で自分のQRコードを表示できる機能を提供開始

本日、Instagramが、アプリ内で自分のInstagramアカウントのQRコードを表示、および他のアカウントのQRコードをスキャンできる機能を追加したことを発表しました。

アプリ内でQRコードを使えるようになったことで、新しく知り合った友達をInstagramでフォローしたい時、これまで以上に簡単に相手のアカウントを発見し、繋がることができるようになり、Instagramのアプリを開いていなくても、スマートフォン内臓のカメラでQRコードをスキャンするとアプリが起動し、相手のアカウントを表示出来ます。

自分のQRコードを表示する方法

  1. プロフィール画面の右上にある三本線のアイコンをタップし、設定タブを表示
  2. 「QRコード」をタップ

他のアカウントのQRコードをスキャンする方法

  1. ストーリーズ専用カメラ、またはスマートフォン内臓のカメラをQRコードにかざしてスキャン
  2. Instagramアプリが開き、アカウントと「フォローする」「プロフィールを見る」のオプションが表示されます
  3. Instagramアプリをダウンロードしていない場合は、アプリのダウンロードページが表示されます

なお、同機能は、まずは日本でのみローンチされ、将来的には他の国でも導入を検討するとのこと。

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。