Google、「Google Play ベスト オブ 2019」のベストアプリとベストゲームを発表

Googleが、「Google Play ベスト オブ 2019」のベストアプリとベストゲームを発表しました。

先日、「Google Play ベスト オブ 2019」のアプリおよびゲームの部門賞および優秀賞を発表していましたが、その中から2019年のベストアプリとして「メルカリ」が選出され、ベストゲームとしては「ドラゴンクエストウォーク」が選出されました。

また、アプリおよびゲーム各部門の大賞および最優秀賞は下記の通り。

<アプリ>
・エンターテイメント部門/大賞:Mirrativ (ミラティブ)
・自己改善部門/大賞:FOLIO (フォリオ)
・生活お役立ち部門/大賞:PayPay – ペイペイ
・隠れた名作部門/大賞:エクボクローク
・ユーザー投票部門/最優秀賞:PayPay – ペイペイ

<ゲーム>
・エキサイティング部門/大賞:Call of Duty:Mobile
・クリエイティブ部門/大賞:マリオカート ツアー
・インディー部門/大賞:アーチャー伝説
・キュート&カジュアル部門/大賞:ドクターマリオ ワールド
・ユーザー投票部門/最優秀賞:Call of Duty:Mobile

<マンガ>
・ユーザー投票部門/最優秀賞:鬼滅の刃

<映画>
・ユーザー投票部門/最優秀賞:アベンジャーズ/エンドゲーム(吹替版)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。