Apple、2021年発売の次期「iPhone」でLightningコネクタを廃止か - 「iPhone SE 2 Plus」というモデルの情報も

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、Appleは2021年後半に発売する新型「iPhone」のハイエンドモデルでLightningコネクタを廃止するようだと報告しています。

このモデルでは完全なワイヤレス体験を提供する予定とのことで、LightningコネクタをUSB-Cに置き換えるのではなく、コネクタを廃止し、充電だけでなくデータの転送などもワイヤレスで行う仕組みになる模様。

また、来年発売される「iPhone 12」シリーズは、先日にあった情報と同じく5.4インチと6.7インチに加え、6.1インチが2モデルの計4モデル構成になるとのことで、各モデルの詳細は下記の通り。

・5.4インチ:有機ELディスプレイ+デュアルカメラ
・6.1インチ:有機ELディスプレイ+デュアルカメラ
・6.1インチ:有機ELディスプレイ+トリプカメラ・ToFセンサー
・6.7インチ:有機ELディスプレイ+トリプカメラ・ToFセンサー

さらに、「iPhone 12」シリーズは全てがQualcomm X55モデムチップを搭載し、5G通信に対応するとのことで、5Gには「ミリ波(mmWave)」と「サブ6GHz(sub-6GHz)」の2種類の周波数帯がありますが、両方の周波数帯をサポートしたモデルが発売されるのは、アメリカ、カナダ、日本、韓国、イギリスの5カ国になると予想されています。

他にも、同氏は2021年前半に「iPhone SE 2 Plus」というモデルも発売されると予想しており、ディスプレイサイズは5.5インチもしくは6.1インチになり、フルスクリーンのデザインでTouch IDが採用されるとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。