ドローンやゲームに最適な遅延の少ないLightning接続のコントローラー「ROTOR RIOT」発売

本日、エム・エス・シーが、ドローンやゲームに最適な遅延の少ない有線型コントローラー「ROTOR RIOT〔ローターライオット〕コントローラー」の一般販売を開始しました。

本製品は、ドローン操作やゲームで使えるLightning接続の有線型コントローラーで、MFi認証を取得済みで、MFi認証のコントローラーとしては唯一ジョイスティックにL3とR3ボタンをサポートしているのが特徴。

また、有線接続の為、遅延が少なく安定した操作を実現しており、専用アプリ「Ludu Mapp」をダウンロードすることで対応しているゲームアプリを探すことができ、現時点でApple Arcadeのゲームを含む約1,000個を超えるアプリに対応しています。

さらに、ドローン操作アプリを通じて、一般的なドローンも操作可能で、別途、VRゴーグルを使うことで、手軽にFPV(First Person View/一人称視点)での操作が可能になり、あたかも自分がドローンの操縦席でパイロットになったかのような臨場感あふれる映像を楽しむ事も可能です。

他にも、スマートフォンを固定できる「ZERO-G(無重力)デバイスホルダー」が付属し、コントローラーを持つ際にスマートフォンの重さで操作しづらくなる事を抑えている他、パワーパススルー充電にも対応していることから、「ROTOR RIOT コントローラー」とiPhoneなどのデバイスを接続したまま、Lightningコネクタを通じて充電が可能です。

なお、価格は5,680円(税別)で、AppBank Storeキットカット、各種オンラインストアで購入可能です。

公式サイト
Amazon
楽天市場(キットカット)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。