来年発売の次期「iPhone」の試作機に関する情報 − ノッチの小型化や5G通信用のアンテナラインなど

著名リーカーのBen Geskin氏が、Appleは2020年に発売する次期「iPhone」の様々な試作機をテストしていると報告しています。

まず、Face IDとノッチについては、Appleは複数のFace IDのプロトタイプをテストしており、ノッチの幅が狭いものや、ノッチの高さが上部ベゼルに収まるくらい低いものなどがあるとのこと。

次に、本体の周囲にあるアンテナラインについては、2020年に発売される次期「iPhone」の試作機には、5G通信用に幅の広いアンテナラインが存在しているようで、アンテナラインの素材も現行のプラスチックからガラスやセラミック、サファイヤなど様々な新しい素材がテストされている模様。

さらに、これは来年に発売される次期「iPhone」に関する情報ではないものの、Appleの長期計画ではLightningポートが廃止される予定で、同氏はUWB(超広帯域無線通信)を用いてデータ転送などを行うものと予想しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。