Apple、開発者向けにMac App Storeで「Transporter」アプリを提供開始

本日、Appleが、開発者に対し、Mac App Storeで「Transporter」アプリの提供を開始しました。

「Transporter」アプリは、Appleにコンテンツをデリバリするためのアプリで、App Store、Apple Music、Apple TV App、Apple Books、またはiTunes Storeで配布するApp、ミュージック、映画、テレビ番組、ブックを簡単に送信できます。

「Transporter」アプリにコンテンツをドラッグ・アンド・ドロップするだけで利用でき、デリバリの進行状況(検証の警告、エラー、デリバリログなど)や過去のデリバリ履歴(デリバリの日時など)も閲覧可能です。

なお、日本語にも対応しており、下記リンク先よりダウンロード可能です。

Transporter – Mac App Store

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。