「Windows 10 19H2」の正式リリースは11月になる可能性も

Microsoftは「Windows 10」向けの次期機能アップデート「19H2」をまもなく正式にリリースするとみられていますが、MSPUによると、同アップデートの一般向けリリースは遅ければ11月前半になる可能性があることが分かりました。

これはWindows CentralのZac Bowden氏が明らかにしたもので、同氏が聞いている情報では、Microsoftは来週末までに「Windows 10 19H2」の開発を完了する予定で、一般向けの正式リリース時期は今月後半から来月前半になる可能性があるとのこと。

Microsoftは正式名称もまだ明らかにしていませんが、上記の情報から「Windows 10 November 2019 Update」になる可能性があります。

また、「19H2」はフルビルドアップデートではなく、累積的な更新プログラムとしての提供になる為、もしかしたら11月の月例アップデート(日本時間11月13日)の一部としてリリースされる可能性もあります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。