Apple、「macOS Catalina 10.15」を正式にリリース

本日、Appleが、「macOS Catalina 10.15」を正式にリリースしました。

「macOS Catalina 10.15」では、「iTunes」に代わって「ミュージック」「TV」「Podcast」のアプリが新たに導入され、iOSデバイスとの同期はFinderで行う方法に変更されています。

また、「Apple Arcade」のサービスや、iPadを2台目のディスプレイとして使える「Sidecar」機能など多数の新機能も利用可能になっています。

なお、アップデートはシステム環境設定のソフトウェア・アップデートより可能です。

macOS Catalina – Apple
macOS Catalina が対応しているコンピュータ

iPhone 11シリーズの購入はこちら

2 COMMENTS

匿名

このアップデート後、写真アプリがおかしいですね、ネットワーク接続SSDだと写真アプリ起動後修復が始まりますが、数時間経過しても0%のままで、USB接続で試すと修復がすぐに終わります、再度ネットワークSSDを試すと、修復が進みません。

匿名

毎年出すスケジュールだけ優先で、市場出してからユーザーにベータテストさせるApple主導のお祭り。
ユーザーはせっかく安定したOS環境をまたしばらくかき回される。

現在コメントは受け付けておりません。