香港とマカオのユーザー、「iOS 13.1.1」以降では絵文字キーボードから台湾国旗の絵文字が入力不可に

中国で販売されているiPhoneやiPadでは2017年から台湾の国旗の絵文字が利用出来なくなっているのですが、先日リリースされた「iOS 13.1.1」以降ではこの措置の一部が香港とマカオのユーザーにも拡大されたことが分かりました。

iMoreによると、香港とマカオのユーザーが「iOS 13.1.1」以降にアップデートすると、絵文字キーボードで台湾国旗の絵文字が利用出来なくなっていることが確認されているとのこと。

ただ、現時点ではあくまで絵文字キーボードでの入力が出来なくなっているのみで、”Taiwan”などの変換候補から入力可能。

また、他のユーザーからのメッセージなどに記載されている台湾国旗の絵文字の表示は問題なく、リージョン(地域設定)を切り替えることで問題なく利用出来るそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。