「iOS 13」の最新ベータ版を搭載した「iPhone 11」シリーズでDeep Fusion機能が利用可能に

TechCrunchによると、Appleが、「iOS 13」の最新のベータ版で「iPhone 11」シリーズのカメラアプリの新機能「Deep Fusion」を利用可能にしたことが分かりました。

「Deep Fusion」は、「A13 Bionic」チップのNeural Engineによって可能となる新しい画像処理システムで、高度な機械学習を使って写真のピクセル単位での処理、写真のすべての部分の質感、細部、ノイズの最適化が行われます。

サポートされるレンズは、「iPhone 11」では広角レンズ、「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」では広角レンズと望遠レンズとなっており、超広角はサポート外となっています。

なお、「Deep Fusion」はオン/オフ出来ず、既に利用可能になっているものと思われます。

iPhone 11シリーズの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。