Apple、「iWork for iOS」の各アプリをアップデート − 「iOS 13」と「iPadOS」の新機能対応など

本日、Appleが、「iWork for iOS」の各アプリをアップデートし、「Pages 5.2」、「Numbers 5.2」、「Keynote 5.2」をリリースしました。

iWork_iOS-l

今アップデートによる各アプリの変更点は下記の通り。

Pages 5.2

  • ダークモードを有効にしてコンテンツを強調できます。
  • iPadOSでは、複数のスペースでPagesを使用したり、Split Viewで2つの書類を並べて編集したりできます。
  • 新しいiOS 13およびiPadOSのテキスト編集やナビゲーションジェスチャに対応します。
  • 基本テンプレートから作成されたすべての新しい書類に使用されるデフォルトのフォントとフォントサイズを設定できます。
  • App Storeからインストールしたカスタムフォントを使用できます。
  • 書類全体のスクリーンショットをキャプチャし、マークアップし、PDFとして簡単に共有できます。
  • USBドライブ、外部ハード・ドライブ、またはファイルサーバのファイルにアクセスできます。
  • VoiceOverを使用して、グラフの音声表現を聞くことができます。
  • オーディオ、ビデオ、および描画にアクセシビリティの説明を追加できます。
  • 書き出されたPDFのアクセシビリティが改善しました。
  • HEVC形式のムービーに対応しました。表示品質を維持しながらファイルサイズを縮小できます。
  • ハードウェアキーボードでShiftキーまたはCommandキーを押して、複数のオブジェクトを選択できます。

Numbers 5.2

  • ダークモードを有効にしてコンテンツを強調できます。
  • iPadOSでは、複数のスペースでNumbersを使用したり、Split Viewで2つのスプレッドシートを並べて編集したりできます。
  • 新しいiOS 13およびiPadOSのテキスト編集やナビゲーションジェスチャに対応します。
  • App Storeからインストールしたカスタムフォントを使用できます。
  • スプレッドシート全体のスクリーンショットをキャプチャし、マークアップし、PDFとして簡単に共有できます。
  • USBドライブ、外部ハード・ドライブ、またはファイルサーバのファイルにアクセスできます。
  • VoiceOverを使用して、グラフの音声表現を聞くことができます。
  • オーディオ、ビデオ、および描画にアクセシビリティの説明を追加できます。
  • 書き出されたPDFのアクセシビリティが改善しました。
  • HEVC形式のムービーに対応しました。表示品質を維持しながらファイルサイズを縮小できます。
  • ハードウェアキーボードでShiftキーまたはCommandキーを押して、複数のオブジェクトを選択できます。

Keynote 5.2

  • iPadOSでは、複数のスペースでKeynoteを使用したり、Split Viewで2つのプレゼンテーションを並べて編集したりできます。
  • 新しいiOS 13およびiPadOSのテキスト編集やナビゲーションジェスチャに対応します。
  • App Storeからインストールしたカスタムフォントを使用できます。
  • プレゼンテーション全体のスクリーンショットをキャプチャし、マークアップし、PDFとして簡単に共有できます。
  • USBドライブ、外部ハード・ドライブ、またはファイルサーバのファイルにアクセスできます。
  • VoiceOverを使用して、グラフの音声表現を聞くことができます。
  • オーディオ、ビデオ、および描画にアクセシビリティの説明を追加できます。
  • 書き出されたPDFのアクセシビリティが改善しました。
  • HEVC形式のムービーに対応しました。表示品質を維持しながらファイルサイズを縮小できます。
  • ハードウェアキーボードでShiftキーまたはCommandキーを押して、複数のオブジェクトを選択できます。

なお、アップデートはApp Storeより可能です。

Pages

Pages

Apple無料

Numbers

Numbers

Apple無料

Keynote

Keynote

Apple無料

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。