「Surface Pro 7」と「Surface Laptop 3」の新たな情報

Microsoftは10月2日の発表イベントで「Surface Pro 7」や「Surface Laptop 3」などを発表するとみられていますが、「Surface Pro 7」と「Surface Laptop 3」に関する新たな情報が出て来ました。

これはフランスのFrandroidというサイトが両製品の画像を見たとして報じているもので、まず「Surface Pro 7」は、ベゼルレスディスプレイを特徴とした劇的にモダナイズされたデザインが採用され、ベゼルレスになるものの、ディスプレイの上部と下部のベゼルはカメラとマグネットを搭載するために側面のベゼルよりも少し広くなっているそうです。

また、USB-AとMini DisplayPortが廃止され、USB-Cポートが搭載される他、LTE接続機能搭載モデルも容易される可能性があり、LTE接続機能搭載モデルは過去に噂のあった「Surface Pro」のARM版である可能性があるとのこと。

さらに、デザインが大幅に刷新されたモデルの他、現行モデルのデザインを引き継いだモデルも併売され、このモデルの特徴はMini DisplayPortの変わりにUSB-Cポートが搭載され、USB-Aポートも引き続き搭載されるようで、プロセッサはIntel製のプロセッサが搭載されるとのこと。

これらデバイスのコードネームは「Campus」と「Harper」と呼ばれており、新しいデザインのモデルが「Surface 7」、Intel製プロセッサを搭載したモデルが「Surface Pro 7」と呼ばれる可能性もあるようです。

次に、「Surface Laptop 3」については、キーボード部分に「アルカンターラ」と呼ばれるファブリック素材が採用されないモデルが少なくとも1つ提供される予定で、2つのUSB-Cポートが搭載されるとのこと。

さらに、カラーラインナップはイエローサンドストーン、グレイシャーブルー、ポピーレッドの3色が用意されるようです。

これら情報がどこまで正確なのかは不明ですが、これまでの情報では「Surface Laptop 3」は15インチモデルが用意され、そのモデルにはAMD製プロセッサが搭載されると噂されており、これまでの情報は下記のエントリをご覧下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。