iFixit、「Apple Watch Series 5」の分解レポートを公開

本日、iFixitが、「Apple Watch Series 5」の分解レポートを公開しました。

「Apple Watch Series 5」と言えば常時表示Retinaディスプレイが最大の特徴で、同機能は低温多結晶酸化物(LTPO)ディスプレイや超低電力のディスプレイドライバー、効率の高い電力管理IC、新しい環境光センサーを採用することで実現されていますが、新しい環境光センサーはX線撮影で有機ELパネルの下に埋め込まれていることが確認できるそうです。

バッテリー容量は296mAhで、「Series 4」の291.8mAhよりも僅かに増加しており、「Series 5」と「Series 4」の内部設計は非常によく似ているようですが、Taptic Engineやディスプレイ、バッテリーなどでコネクタの形状が変更されていて、多くの部品に互換性はないとのこと。

なお、修理し易さを示すスコアは10点満点中6点(スコアが高い方が修理し易い)となっています。

Apple Watch Series 5 Teardown – iFixit

iPhone 11シリーズの購入はこちら

スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな40代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。