「Apple Watch Series 5」のS5プロセッサ、基本的な性能は前モデルのS4プロセッサから変わらず

開発者のSteve Troughton-Smith氏が、最新の「Xcode」から「Apple Watch Series 5」に搭載されているS5プロセッサの性能は、前モデルである「Apple Watch Series 4」のS4プロセッサから変わりないことが分かったと報告しています。

Apple公式サイトでは、S5プロセッサについて、“64ビットデュアルコアS5プロセッサで、S3プロセッサと比べて最大2倍高速”と案内していますが、「Apple Watch Series 4」のS4プロセッサもS3プロセッサと比べて2倍高速と案内されていたことから、CPUやGPUといった基本的な部分はS4プロセッサと同じであるとみられています。

以上のことから、S4プロセッサをベースに、NANDフラッシュメモリの容量を32GBに増量し、新たにディスプレイのコントローラーとコンパスを内蔵したものがS5プロセッサとなる模様。

[via 9To5Mac

iPhone 11シリーズの予約はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。