Amazon、各地のロッカーや指定店舗で荷物を受け取れる配送オプション「Amazon Hubロッカー」と「Amazon Hub カウンター」を発表

本日、Amazonが、各地に設置されているロッカーや指定店舗で荷物を受け取れる配送オプション「Amazon Hubロッカー」と「Amazon Hub カウンター」を発表しました。

「Amazon Hubロッカー」は各地に設置されているロッカーで荷物を受け取れる配送オプションで、商品の注文時にアカウントサービスのアドレス帳へ「Amazon Hub ロッカー」を追加し、配達先の住所としてロッカーの場所を選択することで、後日、そのロッカーで荷物の受け取りが可能になり、ロッカー内の商品保管期間は3日以内となっています。

「Amazon Hub ロッカー」は、今年中にファミリーマートの店舗、スーパーマーケットFuji (フジ)の店舗、小田急電鉄の駅、昭和女子大学、東京海上日動火災保険本社オフィスなど100を超える場所での設置を予定しているとのこと。

次に、「Amazon Hub カウンター」は、ユーザーが普段生活で良く利用する店舗で、店舗のスタッフから簡単かつ安全に商品を受け取ることができる配送オプションで、注文時に配送先として「Amazon Hubカウンター」を指定するだけで利用可能で、自宅や、勤務先・通学先に近い店舗を、住所や郵便番号で検索して見つけることが可能です。

「Amazon Hub カウンター」での商品保管期間は14日以内で、今年中にecbo pickup加盟店、りらくるの店舗、大学生協などに100を超える「Amazon Hub カウンター」を設置する予定とのこと。

なお、両サービスとも、9月中に東京都と神奈川県において数十か所が用意され、年末までには東京都、神奈川県を中心に約200か所へ拡大し、さらに2020年以降も日本全国に順次拡大予定です。

Amazon Hub
ニュースリリース

iPhone 11シリーズの予約はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。