ソフトバンク、契約期間も契約解除料もない新料金プランを9月13日より提供開始へ

本日、ソフトバンクが、契約期間も契約解除料もない“ソフトバンク”の新料金プランの申し込み受け付けを、2019年9月13日に開始することを発表しました。

新料金プランでは、これまでスマートフォン(スマホ)やタブレット、ケータイ、モバイルWi-Fiルーターなど、デバイスごとに異なっていた基本料を統一し、タブレットやケータイ向けのデータ定額サービスを、これまでの7種類から、ケータイは4種類、タブレットは3種類にするなど、よりシンプルで分かりやすい料金プランを提供すろとのこと。

スマートフォンとケータイ向けは、月額980円の「基本プラン(音声)」が提供され、このプランでは国内通話が24時間無料になる「定額オプション(月額1500円)」や、1回5分以内の国内通話が無料になる「準定額オプション(月額500円)」が利用でき、タブレットとモバイルWi-Fiルーター向けには月額980円の「基本プラン(データ)」が提供されます。

また、データ定額サービスは、月額6500円で50GBの通信が可能な「データプラン50GB+」と、月額3000~7500円で0~50GBの通信が可能な段階制の「データプランミニ」が全機種で利用でき、「データプラン50GB+」は対象の動画サービスやSNSが使い放題となっています。

さらに、スマートフォンとケータイ向けには、月額1500円で1GBの通信が可能な「データプラン1GB(スマホ)」と「データプラン1GB(ケータイ)」が用意され、ケータイ向けには月額300円で100MBの通信が可能な「データプラン100MB」が用意されています。

なお、テザリングの利用には月額500円の「テザリングオプション」に申し込む必要があり、この新料金プランの提供開始に伴い、従来の料金プランは9月12日に新規申し込み受け付けを終了するとのことで、詳細は下記のニュースリリースをご覧下さい。

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。