Apple、「Safari Technology Preview 91」をリリース

本日、Appleが、「Safari Technology Preview 91」をリリースしました。

今バージョンでは、Javascript API、JavaScriptのパフォーマンス、メディア、Web API、レンダリング、Pointer Events、WebDriver、Web Inspector、WebGPU.に関するバグの修正とパフォーマンスの向上が行われている他、TLS 1.0/1.1が無効化されています。

なお、「Safari Technology Preview」は、「Safari」に将来的に導入される機能の早期の評価を目的として公開されているもので、ダウンロードはこちらから可能で、既に旧バージョンをインストール済みの方はMac App Storeよりアップデート可能です。

[via MacRumors