みずほの「モバイルデビットサービス」と「みずほJCBデビット」が「Apple Pay」に対応

本日、JCBが、全国で端末台数92万台以上(2019年6月末時点)のQUICPay+(クイックペイプラス)加盟店で支払いが可能な「モバイルデビットサービス」で「Apple Pay」への対応を開始したことを発表しました。

本サービスは、みずほ銀行に採用され、本日からみずほ銀行のiOS用「みずほWalletアプリ for iOS」内で「スマートデビット」の即時発行が可能となります。

「スマートデビット」は、みずほJCBデビットを持っているユーザーだけでなく、同行の口座を持っているユーザーであれば即時にスマートフォン上でカードが発行されるサービスで、全国のQUICPay+加盟店で利用可能です。

また、本日より、みずほ銀行が発行する「みずほJCBデビット」が「Apple Pay」への登録が可能となったことも発表された他、「スマートデビット」と「Mizuho Suica」で利用額およびチャージ額の20%をキャッシュバックするキャンペーン「ご利用に感謝して。20%キャッシュバック」もスタートしています。

ニュースリリース(JCB)
ニュースリリース(みずほ銀行)

みずほWallet  みずほ銀行の口座直結スマホ決済アプリ

みずほWallet みずほ銀行の口座直結スマホ決済アプリ

Mizuho Bank, Ltd.無料

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。