「iOS 13.1 beta 1」と「iPadOS 13.1 beta 1」での変更点

本日、Appleが開発者に対し「iOS 13.1 beta 1」と「iPadOS 13.1 beta 1」をリリースしましたが、MacRumorsが、その「iOS 13.1 beta 1」と「iPadOS 13.1 beta 1」での変更点をまとめているので紹介します。

これまでに分かっている「iOS 13.1 beta 1」と「iPadOS 13.1 beta 1」での変更点は下記の通り。

・「マップ」アプリで、到着予想時刻を共有出来る「Share ETA」の機能が改めて利用可能に
(iOS 13 betaでも一時提供されていた)

・TestFlightでダウンロードしたアプリの名前の前に黄色のドットが表示されるように

・新しいダイナミック壁紙の追加。また、iPhone X以前のデバイスでも利用可能に

・マウスのサポートが改善され、右クリックを3D Touchもしくは長押しのアクションに割り当て可能に

・「ホーム」アプリに登録済みのHomeKit対応アクセサリのデバイスアイコンのデザイン更新

・「AirPods」接続時に音量調節を行うと、音量調節バーに「AirPods」のアイコンが表示されるように

・「ショートカット」アプリで、「iOS 13 beta 5」より削除されていた自動化タブが復活

・「Watch」で「Nike+ Run Club」の表記が「Nike Run Club」になり「+」を削除している

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。