次期「iPad Pro」の発売時期は来年3月?? − 3Dセンシングリアカメラを搭載か

The Elecが、情報筋の話として、韓国のDerkwoo Electronicsが、Appleが来年3月に発売予定の次期「iPad Pro」向けに3DセンシングToFモジュールの部品を供給するようだと報じています。

同部品の量産は年末より開始される予定で、ToFモジュールの”ToF”はTime of Flightの略で、被写体までの距離を光線で測定する仕組みとなっており、拡張現実(AR)や顔認証などの立体的な情報を収集可能になり、より複雑で精度の高い拡張現実コンテンツの実現が可能になると言われています。

また、来年後半に発売予定の次期「iPhone」でも同様のToFモジュールが採用されるものとみられています。

なお、Derkwoo Electronicsは、来月に発売される新型「iPhone」にも部品を供給しており、3眼カメラモデル向けに3つの補強材を、2眼カメラモデル向けには2つの補強材とブラケットを供給するとのこと。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。