次期iPhoneシリーズの最新情報 − バッテリー容量の詳細やiPhone XSの後継モデルはデュアルnano SIMサポートなど

MacRumorsによると、DigiTimesが、来月にも発表・発売される次期iPhoneシリーズに関する最新情報を公開していることが分かりました。

その記事によると、次期iPhoneシリーズはこれまでの噂通り、5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと、6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルの3モデルで、全てFace IDを搭載し、ノッチ部分に変化はなく、3D Touchは非搭載となります。

また、TSMCの7nmプロセスに基づいて製造された「A13」チップが搭載される他、本体背面でAirPodsやApple Watchなどを充電可能な双方向ワイヤレス充電機能や、6.1インチモデルへのグリーンとラベンダーの新カラー追加などが特徴となるそうです。

さらに、バッテリー容量は、5.8インチモデルが3,200mAh、6.5インチモデルが3,500mAh、6.1インチモデルが3,000mAhになるとのことで、現行モデルと比較してそれぞれ約20%、約10%、約2%増加するとのこと。

リアカメラについては、5.8インチモデルと6.5インチモデルは3眼カメラを、6.1インチモデルについては2眼カメラを搭載し、これまでになかった情報としては、5.8インチモデルがデュアルnano SIMをサポートする可能性があるとのことで、同モデルはあくまで中国市場向けの限定モデルになるかもしれないとしています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。