Apple、2020年発売の「iPhone」から中国製有機ELパネルを採用か

日本経済新聞によると、Appleが「iPhone」に中国製の有機ELパネルを採用することが分かりました。

Appleが新たに調達を検討しているのは中国パネル最大手である京東方科技集団(BOE)の有機ELパネルで、2020年に販売するiPhoneへの採用に向けて性能面などのテストを開始し、年末までに最終判断する見込み。

これまでiPhoneの有機ELパネルは韓国のSamsungやLG Displayのものが採用されていますが、BOE製のパネルは現行機種で使うSamsung製に比べ2割程度安く調達できる見通しで、コスト削減を加速して低下するシェア回復を目指したい意向の模様。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。