Parallels、Mac向け仮想化環境ソフトの最新版「Parallels Desktop 15 for Mac」をリリース

本日、Parallelsが、Mac向け仮想化環境ソフト「Parallels Desktop for Mac」の最新版である「Parallels Desktop 15 for Mac」をリリースしました。

「Parallels Desktop 15 for Mac」では、最新のWindows 10とmacOS Catalina(10.15)に最適化済みで、iPadを外部ディスプレイとして利用出来る「Sidecar」など、macOS Catalinaで導入される追加の機能をサポートする予定で、macOS Catalinaの正式リリースに合わせて実装される予定とのこと。

また他にも、Finderの[共有]メニューのサポート、Windowsでのスクリーンショットプレビューへの対応、Apple Pencilのサポート、Bluetoothの接続性の向上、DirectX 11のサポートなど、様々な新機能が追加されています。

パフォーマンスについても向上しており、Microsoft Officeが最大80%高速化した他、3Dグラフィックについても最大15%の高速化を実現しています。

なお、対応するmacOSは、macOS Catalina 10.15、Mojave 10.14、High Sierra 10.13、Sierra 10.12となっており、新規版が8,345円から、アップグレード版が5,204円から購入可能で、14日間無料で試用出来るトライアル版も用意されています。

Parallels Desktop 15 for Mac
Parallels Desktop 15 for Mac(トライアル版)

[via Macお宝鑑定団Blog

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。