BOSE、AlexaとGoogle アシスタントに対応した新型スマートスピーカー「Bose Home Speaker 300」を8月22日に発売へ

BOSEが、Amazon AlexaとGoogle アシスタントに対応した新型スマートスピーカー「Bose Home Speaker 300」を8月22日より発売することが分かりました。

「Bose Home Speaker 300」のサイズは142W×161H×102mmで、重さは約950gとコンパクトなサイズながら、パワフルな低音と360度サウンドを実現するスマートスピーカーで、Wi-Fi、Bluetooth、AirPlay 2をサポートし、Spotify、Amazon Music、Apple Music、TuneInなどストリーミングサービスへのアクセスや、スマートフォン/タブレットからの音楽再生に対応しています。

音声アシスタントはAmazon AlexaとGoogle アシスタントに対応し、内蔵する6つのマイクアレイにより、大音量で音楽を流している最中でも、部屋のどこからでも確実に音声を認識するとのこと。

なお、価格は30,000円(税別)でAmazonなどで既に予約受付が開始されており、同モデルの発売と同時に「Bose Home Speaker 500」「Bose Soundbar 700」「Bose Soundbar 500」向けにもアップデートが提供され、Amazon Alexaに加えGoogleアシスタントが利用可能になります。

Bose Home Speaker 300- Amazon
Bose Home Speaker 300- 公式サイト

[via PHILEWEB

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。