「Surface」の一部モデル、最新のアップデート適用で5GHz帯のWi-Fiが利用出来なくなる不具合

NewoinPC Watchなどによると、Microsoftが先日リリースした「Surface」向けの最新のアップデートを適用すると、5GHz帯のWi-Fiに繋がらなくなる不具合が報告されていることが分かりました。

Microsoftは今月初めに「Surface Laptop」、「Surface Pro 5」、「Surface Pro 6」、「Surface Book 2」向けに最新のファームウェアアップデートをリリースしていましたが、そのアップデートに含まれていたWi-Fiドライバの「Marvell Semiconductor, Inc. – Net – 15.68.17013.110」に問題があり、Wi-Fiの5GHz帯のネットワークが使えなくなり、2.4GHz帯のみ利用可能な状態になるとのこと。

現時点ではまだ修正版や修正アップデートは出ていない為、該当するドライバを削除するか、2.4GHz帯を使用するしかないのが現状となっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。