Apple、「macOS Mojave 10.14.6」を正式にリリース

本日、Appleが、「macOS Mojave 10.14.6」を正式にリリースしました。

「macOS Mojave 10.14.6」では、お使いのMacの安定性と信頼性が改善される他、下記の変更が加えられています。

  • Fusion Driveを搭載したiMacおよびMac miniで新規Boot Campパーティションを作成できない問題を修正
  • 再起動中にハングすることがある問題を解消
  • スリープ解除したときに発生することがあるグラフィックスの問題を解消
  • Mac miniでフルスクリーンビデオが黒く表示されることがある問題を修正
  • SMBによるファイル共有の信頼性を向上

なお、アップデートは「システム環境設定>ソフトウェアアップデート」から可能です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。