「Google Pixel 4」シリーズの最新のレンダリング画像 − 部品写真も流出

iGeeksBlogが、著名リーカーのOnLeaks氏と協力し、「Google Pixel 4」シリーズの最新のレンダリング画像を公開しました。

リーク情報によると、「Pixel 4」は約5.6インチのディスプレイを搭載し、本体サイズは約147.0×68.9×8.2㎜(カメラの出っ張りを含むと厚みは9.3㎜)になり、「Pixel 4」「Pixel 4 XL」ともに画面上部にはベゼルが用意され、2つのカメラと2つのセンサーが内蔵される模様。

センサーの1つは本体背面には指紋センサーが搭載されていないことから、顔認証用のセンサーである可能性が高いとみられているものの、ベゼルの右側の部分に何が搭載されるのかはまだ分かっていないようです。

また、本体背面のカメラ部分については、2眼カメラ、ToFセンサー、LEDフラッシュが搭載されているものとみられており、ToFセンサーはオブジェクトを認識し、カメラとオブジェクトの距離を測定するもの。

なお、フロント側のカメラは、1つは自撮り用、もう1つは顔認証用とみられています。

さらに、/LEAKSが「Pixel 4 XL」のものとされるディスプレイフレームの部品写真を公開しておりディスプレイ上部のベゼルの右側には何らかのセンサー用の穴が開けられていることが分かります。