「MacBook Air (2019)」のSSDの読み込み速度は旧モデルに比べると遅くなっている??

先日、Appleが「MacBook Air (2019)」を発売しましたが、フランスのConsomacによると、「MacBook Air (2019)」に搭載されているSSDの速度をベンチマークアプリを利用して測定したところ、旧モデルである2018年モデルよりも遅いことが分かりました。

測定はディスクベンチマークアプリ「Blackmagic Disk Speed」を用いて行われており、2019年モデル(256GBモデル)のSSDは書き込み速度が1GB/s、読み込み速度が1.3GB/sでした。

そして、2018年モデルの同じ256GBモデルのSSDの書き込み速度は920MB/s、読み込み速度は2GB/sであったことから、2019年モデルのSSDは2018年モデルのものに比べ、書き込み速度は僅かに改善されているものの、読み込み速度は2018年モデルに比べて35%遅くなっていることが分かりました。

また、128GBモデルでも同様の測定を実施したところ、2019年モデルのSSDの速度は書き込み速度が500MB/s、読み込み速度が1.3GB/sで、こちらは2018年モデルとほぼ同じ性能だったようです。

256GBモデルのSSDの性能低下についての正式な理由は不明なものの、価格を抑える為により遅いSSDを採用した可能性があるとみられています。

ただ、この速度差は日常レベルの使用方法であれば差に気付くことはないだろうとのこと。

MacBook Air – Apple

[via MacRumors

5 COMMENTS

匿名

35%も遅くなっていれば普通は違和感をおぼえる

匿名

シーケンシャルリードで1.3GB/sと2.0GB/sの差に違和感を覚えるような作業を日常レベルでやるような奴はMacBook Airなんて買わないだろ。

匿名

事務作業であればランダムアクセスの方が重要なのでPCIeとSATA3ですら区別つかない事がほとんど
シーケンシャルアクセス速度をはっきりと感じるのはOS起動時辺り

匿名

128GBとかいうゴミをまだ売りつけておいて
追加で金出して増量しようとする人間にこれは酷いわw
Proは何年経っても欠陥だらけのポンコツに成り下がったし
クックもやめればいいのに

匿名

クックが興味あるのは何を送り出すか、ではなくどう利益率を出すかだけ

現在コメントは受け付けておりません。