「MacBook Air (2019)」のSSDの読み込み速度は旧モデルに比べると遅くなっている??

先日、Appleが「MacBook Air (2019)」を発売しましたが、フランスのConsomacによると、「MacBook Air (2019)」に搭載されているSSDの速度をベンチマークアプリを利用して測定したところ、旧モデルである2018年モデルよりも遅いことが分かりました。

測定はディスクベンチマークアプリ「Blackmagic Disk Speed」を用いて行われており、2019年モデル(256GBモデル)のSSDは書き込み速度が1GB/s、読み込み速度が1.3GB/sでした。

そして、2018年モデルの同じ256GBモデルのSSDの書き込み速度は920MB/s、読み込み速度は2GB/sであったことから、2019年モデルのSSDは2018年モデルのものに比べ、書き込み速度は僅かに改善されているものの、読み込み速度は2018年モデルに比べて35%遅くなっていることが分かりました。

また、128GBモデルでも同様の測定を実施したところ、2019年モデルのSSDの速度は書き込み速度が500MB/s、読み込み速度が1.3GB/sで、こちらは2018年モデルとほぼ同じ性能だったようです。

256GBモデルのSSDの性能低下についての正式な理由は不明なものの、価格を抑える為により遅いSSDを採用した可能性があるとみられています。

ただ、この速度差は日常レベルの使用方法であれば差に気付くことはないだろうとのこと。

MacBook Air – Apple

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。