Amazon、「Echo」のよりハイエンドなモデルを開発中か

Bloombergが、精通した人物の話として、Amazonは来年までにスマートスピーカー「Echo」のハイエンドモデルを発表する予定だと報じています。

その新型「Echo」の試作機の形状は円筒形で現行モデルと変わらないものの、少なくとも4つのツイーターを内蔵し、直径が大きくなっているようです。

さらに、同社はロスレス(可逆)圧縮方式の音楽ストリーミングサービスも計画しており、同サービスはハイエンドの新型「Echo」との相性が良いとみられています。

また、同社は「Vesta」というコードネームで呼ばれているAlexa内蔵のホームロボットの開発も引き続き進められており、まだ量産化には時間が掛かりそうだが、試作機は腰くらいの高さで、複数のコンピュータービジョンカメラが搭載されているそうです。

なお、両デバイスは、カリフォルニア州サニーベールを拠点とする研究開発部門の「Amazon Lab126」にて開発されているそうです。