「Google Pixel 4」は赤外線カメラと1,600万画素の望遠レンズを搭載か

Googleは今年10月にも次期「Pixel」シリーズこと「Pixel 4」を発売すると言われていますが、9To5Googleによると、「Android Q beta」に搭載されている「Google カメラ」アプリのコード内から「Pixel 4」が顔認証機能と望遠レンズを搭載することが予想出来る記述が見つかったことが分かりました。

今回明らかになったのは、同アプリが使用するカメラセンサーのリストで、そのリストの中には「Pixel 3」シリーズで利用可能なセンサーに加え、新たに「FRONT_IR」と「REAR_TELEPHOTO」の2つの新しいセンサーが追加されていることが分かりました。

「FRONT_IR」はフロントの赤外線(IR)カメラのことを意味しているものとみられており、3D顔認証向けに利用されるものとみられています。

また、「REAR_TELEPHOTO」はリアカメラの望遠レンズに関するもので、さらに望遠レンズの解像度に関するものとみられる情報も見つかっており、望遠画像の解像度は4656×3496、4656×3492、2328×1748のいずれかにする必要があるとのこと。

このことから「Pixel 4」は1600万画素のイメージセンサーを搭載するのではないかと予想されています。