Microsoft、折りたたみ式の2画面「Surface」を早ければ来年前半に投入か − 9インチディスプレイを2枚搭載

Forbesによると、市場調査会社のIHS Markitの電化製品担当アソシエイトディレクターのジェフ・リン氏が、Microsoftは来年前半に小型の折りたたみ式「Surface」の投入を計画していると報告していることが分かりました。

これはサプライチェーンからの情報がもとになっており、その折りたたみ式「Surface」にはアスペクト比4:3の9インチディスプレイが2枚搭載されるものとみられており、早ければ2020年第1四半期もしくは2020年前半にも投入されるとのこと。

また、デュアルディスプレイUIに「Windows 10」の新バージョン「Windows Core OS」を搭載し、プロセッサはIntelの10nmプロセスや3Dダイスタッキング技術を活用したハイブリッドSoC「Lakefield」が採用され、モバイル通信機能(LTEもしくは5G)が搭載されるとのこと。

さらに、Androidアプリを実行可能とのことで、何処までが本当なのかは不明ですが、以前よりMicrosoftは折りたたみ式のデュアルスクリーンデバイスを開発中と噂されています。

3 COMMENTS

Pico

何で通常版のWindows10を入れないのかな。
普通に使える軽くて小さなsurfaceほしいと思ってるはず。

匿名

Androidアプリを実行可能って本当だったらWindows10にも採用して欲しいわ。

匿名

Yogabookみたいなやつかな
10万以下で頼むわ

現在コメントは受け付けておりません。