Microsoft、折りたたみ式の2画面「Surface」を早ければ来年前半に投入か − 9インチディスプレイを2枚搭載

Forbesによると、市場調査会社のIHS Markitの電化製品担当アソシエイトディレクターのジェフ・リン氏が、Microsoftは来年前半に小型の折りたたみ式「Surface」の投入を計画していると報告していることが分かりました。

これはサプライチェーンからの情報がもとになっており、その折りたたみ式「Surface」にはアスペクト比4:3の9インチディスプレイが2枚搭載されるものとみられており、早ければ2020年第1四半期もしくは2020年前半にも投入されるとのこと。

また、デュアルディスプレイUIに「Windows 10」の新バージョン「Windows Core OS」を搭載し、プロセッサはIntelの10nmプロセスや3Dダイスタッキング技術を活用したハイブリッドSoC「Lakefield」が採用され、モバイル通信機能(LTEもしくは5G)が搭載されるとのこと。

さらに、Androidアプリを実行可能とのことで、何処までが本当なのかは不明ですが、以前よりMicrosoftは折りたたみ式のデュアルスクリーンデバイスを開発中と噂されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。