「Apple Card」の物理カードの重さは約15g − 写真も多数公開される

Appleは今夏に米国でクレジットカードサービス「Apple Card」の提供を開始する予定でテストを進めていますが、iMoreが、「Apple Card」の物理カードの写真や重さの情報を公開しています。

「Apple Card」の物理カードはチタン製ですが、重さは0.52オンス(14.74g)で、参考までに通常の樹脂製のクレジットカードの重さが4〜6gほどとなっています。

また他にも、「Apple Card」が入っているケースや物理カード自体の写真も掲載しており、下記がその写真なので是非ご覧下さい。


(ケースの表紙)

(ケース内部)

(カード前面 / ※名前は消してある)

なお、この情報提供者曰く、申し込みからカードが届くまでに1週間ほどかかったそうで、連絡先や請求先はApple IDに紐付けされている情報から自動的に入力される為、申請プロセスにかかる時間は僅か1分ほどとのこと。

8 COMMENTS

匿名

非接触Apple Payの敷居が高くて思ったより不発だったからといってこれは最高にダセエ戦略だよなあ
財布いらずとか豪語してたのにこれだよw

匿名

NFCの普及はAppleだけの問題ではないから仕方ない気もする
それより「敷居が高い」の誤用はビジネス問わず恥をかくから直した方が良い

匿名

人の失敗を指差して笑うだけで
自分は何にもプラス方向に社会に対して貢献するようなも能力のなさそうなお前の存在の方がよっぽどダサいかと。

匿名

元がダセエとか救いようのねぇ事書いてるからな
この程度はしゃあない

匿名

>自分は何にもプラス方向に社会に対して貢献するようなも能力のなさそう
これのせいで自爆してるぞw余計なことばかり言うネジ曲がった性格の口持ってるから失敗するw

現在コメントは受け付けておりません。