2020年発売の次期iPhoneは全て有機ELディスプレイ搭載で、上位モデルは5G対応に

Apple関連の情報では定評のあるMing-Chi Kuo氏が、2020年に発売される次世代iPhoneに関する最新の情報をまとめたレポートを投資家向けに公開しました。

その内容によると、2020年に発売される次世代iPhoneは3モデル用意され、ディスプレイサイズは5.4インチと6.1インチと6.7インチの3サイズ構成で、全て有機ELディスプレイが搭載されるとのこと。

6.1インチモデルは安価なローエンドモデルになり、上位2モデルについては次世代通信規格の「5G」に対応し、5G対応モデムチップはQualcommがメインサプライヤで、Samsungが一部を請け負う模様。

さらに、2021年には全てのモデルが5G対応になる見込み。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。