「watchOS 6 beta 1」のハンズオン動画

先日開催された「WWDC19」で次期「watchOS」こと「watchOS 6」が発表されましたが、MacRumorsが、開発者向けにリリースされている「watchOS 6 beta 1」のハンズオン映像を公開しています。

ハンズオン映像では「WatchOS 6」での主な変更点が紹介されており、まず初めに新たに搭載されたApp Storeが紹介されていて、アプリの入手だけでなく、コンプリケーションやスクリーンショットの確認などが行えるようになっています。

次に、新たに追加された文字盤が紹介されており、モジュラーコンパクト、ソーラーダイヤル、カリフォルニア、数字・モノなどが紹介されています。

後半部分では、「オーディオブック」、「ボイスメモ」、「計算機」といった新たなプリインストールアプリが紹介されている他、周囲の騒音を計測する「ノイズ」や生理周期を管理する「サイクルトラッキング」といったヘルスケアの新機能、「アクティビティ」アプリの改良点などが紹介されています。

さらに、画面を2本指でタップすると時刻を読み上げてくれる機能や、1時間及び30分刻みで時間をタップで教えてくれるTapticチャイム機能なども紹介されているので、気になる方は是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。