Anker、Android TV 9.0搭載モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule ll」を発売 − 初回60台限定で2,000円オフに

本日、Ankerが、Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule ll」を発売しました。

本製品の最大の魅力は、ハンディサイズのコンパクトボディに凝縮された最先端の充実機能していることで、Googleが提供するスマートテレビのプラットフォームAndroid TVをモバイルプロジェクターとして世界で初めて搭載し、動画や音楽、ゲーム等3,600以上のアプリを自由に追加して楽しみの幅を広げることが可能です。

性能面でも前モデル「Anker Nebula Capsule」から進化が図られており、最大100インチの大画面を200ANSIルーメンの明るさと720Pの高解像度で映し出すことが可能。

また、スピーカー部分には、世界中のオーディオファンから厚い信頼を獲得しているScan-Speak社設計のスピーカーを採用しており、映画館にいるような臨場感を自分だけの空間で堪能することが可能です。

なお、販売価格は59,800円(税込)となっていますが、発売を記念し、60個限定で2,000円オフの57,800円(税込)で販売されています。

Anker Nebula Capsule ll – Amazon

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。