【iOS 13】音量調節時のインジケーターは画面左隅に移動

「WWDC19」の開催前に「iOS 13」では音量調節時のインジケーターの位置が変更されるとの情報がありましたが、開発者のGuilherme Rambo氏によると、「iOS 13」の音量調節時のインジケーターは最終的には画面左隅に表示されるようになっていることが分かりました。

実際に動作する様子を撮影したものが下記ツイートの動画で、iPhoneの音量調節ボタンの横あたりにインジケーターも表示されるようになっています。

「iOS 12」までは画面中央に正方形状のインジケーターが表示されるようになっていますが、「iOS 13」では邪魔にならない箇所に移動し、よりスマートに表示されるようになっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。