Microsoft、社内でデュアルディスプレイ搭載Surfaceのデモを実施か

以前より、Microsoftは「Andromeda(アンドロメダ)」や「Centaurus(ケンタウロス)」の開発コード名で2画面ディスプレイを搭載したデバイスの開発を進めていると噂されていますが、The Vergeによると、同社が社内でデュアルディスプレイを搭載した新しいSurfaceのデモを開始したことが分かりました。

これはMicrosoftの計画に精通した関係筋の話として報じられたもので、最近、Microsoftは社内のデバイスチーム向けにイベントを開催し、デュアルディスプレイを搭載した新しいSurfaceの試作機の動画を流したそうです。

この2画面デバイスが製品化されるのかは不明ですが、これまでの噂では、「Andromeda」はポケットに入るサイズの小型の2画面デバイスとして開発され、その後、より大型の「Centaurus」の開発に移行したと言われています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。