「Google Pixel 4」のスクリーンプロテクターが早くも登場 − パンチホールディスプレイなどが特徴に

Googleは今年10月にも次期「Pixel」こと「Pixel 4」を発表するとみられていますが、GSMArenaによると、海外のスマホアクセサリメーカーであるSkinomiが、早くも「Pixel 4」用とされるスクリーンプロテクターの予約受付を開始したことが分かりました。

その予約受付サイトでは製品のレンダリング画像も掲載しており、その画像から、「Pixel 4」はより細いベゼルとディスプレイ右上にカメラ用の穴が開けられたパンチホールディスプレイが特徴となっています。

また、フロントカメラはデュアルレンズとなっており、また、スクリーンプロテクターの上下に僅かな切り欠きが用意されていることから、ステレオスピーカーを搭載していることも予想されます。

ただ、このスクリーンプロテクターが本当に「Pixel 4」の寸法データをもとに作成されたのかは不明で、このデザインになるのかはまだ分かりません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。