「Google Pixel 4」のスクリーンプロテクターが早くも登場 − パンチホールディスプレイなどが特徴に

Googleは今年10月にも次期「Pixel」こと「Pixel 4」を発表するとみられていますが、GSMArenaによると、海外のスマホアクセサリメーカーであるSkinomiが、早くも「Pixel 4」用とされるスクリーンプロテクターの予約受付を開始したことが分かりました。

その予約受付サイトでは製品のレンダリング画像も掲載しており、その画像から、「Pixel 4」はより細いベゼルとディスプレイ右上にカメラ用の穴が開けられたパンチホールディスプレイが特徴となっています。

また、フロントカメラはデュアルレンズとなっており、また、スクリーンプロテクターの上下に僅かな切り欠きが用意されていることから、ステレオスピーカーを搭載していることも予想されます。

ただ、このスクリーンプロテクターが本当に「Pixel 4」の寸法データをもとに作成されたのかは不明で、このデザインになるのかはまだ分かりません。

「Google Pixel 4」はパンチホールディスプレイを採用し、指紋センサーはディスプレイ内蔵か