Microsoft、LGBTを象徴する旗「レインボーフラッグ」から着想を得た壁紙パック「Pride 2019」を公開

毎年6月を中心にレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー(LGBT)文化を讃えるイベントとして世界各地でプライドパレードが開催されますが、Microsoftが、それに合わせてLGBTの尊厳とLGBTの社会運動を象徴する旗「レインボーフラッグ」から着想を得た「Windows 10」向けの壁紙パック「Pride 2019」を公開しています。

このテーマは、LGBTQI+コミュニティでたくさんの人々によって掲げられるフラッグから着想を得たもので、「レインボーフラッグ」の特徴であるレインボーカラーのMicrosoftロゴが特徴の壁紙が含まれています。

なお、ダウンロードは無料で下記リンク先から可能です。

Pride 2019 – Microsoft

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。