「iOS 13」のスクリーンショットが流出 − ダークモードや新しいリマインダーアプリなどの一部が明らかに

Appleは6月3日より「WWDC19」を開催し、次期iOSこと「iOS 13」を発表するものと予想されますが、9To5Macが、「iOS 13」のスクリーンショットを入手したとして公開しています。

「iOS 13」ではダークモードが利用可能になると噂されていますが、流出したスクリーンショットから、まずホーム画面のDockが暗い背景を採用しており、ミュージックアプリや画像編集のユーザーインターフェイスもダークカラーを基調としたカラーリングであることが分かります。

また、スクリーンショットの編集画面のユーザーインターフェイスも変更されており、下部の各種マークアップツール(ペンなど)のデザインも変更されています。

リマインダーアプリも「iOS 13」では大幅に刷新される予定で、「macOS 10.15」でも利用可能になり、iPad版では下記スクリーンショットの通り、今日、スケジュール、フラグ付き、全てを表示した大きなサイドバーが表示される他、iOS 12.2のWalletアプリで導入されたフォント「SF UI Rounded」が採用されるとのこと。

さらに、「友達を探す」と「iPhoneを探す」のアプリが統合されると噂されていますが、その新しいアプリは「Find My」という名称になり、そのアイコンが下記画像。