「iOS 12.3.1」ではiPhoneの旧モデルのバッテリー駆動時間が改善??

iOSの最新版がリリースされる度にバッテリー駆動時間の比較テストを行っているiAppleBytesが、先日にリリースされた「iOS 12.3.1」でのバッテリー駆動時間の比較テストを実施した結果、「iPhone 5s」や「iPhone 6」といった一部の旧モデルでバッテリー駆動時間の改善がみられたことが分かりました。

iAppleBytesのテストは、「iPhone 5s/6/6s/7/8」の同じ端末を使って、「iOS 12.3」と「iOS 12.3.1」でのバッテリー駆動時間を比較しており、計測にはGeekBenchのバッテリーテスト機能が用いられています。

結果は、「iPhone 5s」が2時間35分から2時間49分へと14分、「iPhone 6」が2時間34分から2時間52分へと18分、「iPhone 7」が2時間58分から3時間16分へと18分、それぞれバッテリー駆動時間が長くなっています。

ただ、「iPhone 6s」と「iPhone 7」はほぼ変わらない結果となった為、あくまで個体差があると思われ、旧モデルを利用中の方は「iOS 12.3.1」にアップデートすることで、”もしかしたら”バッテリー駆動時間が改善するかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。