iFixit、「Xbox One S 1TB All Digital Edition」の分解レポートを公開

iFixitが、先日に日本でも発売されたMicrosoftのディスクレス「Xbox One S」こと「Xbox One S 1TB All Digital Edition」の分解レポートを公開しています。

「Xbox One S 1TB All Digital Edition」は「Xbox One S」から光学ドライブを廃止し、ゲームをダウンロード購入してプレイするモデルとなっており、ハードディスク、ファン、ヒートシンク、ワイヤレスボードなど、内部の部品は全てモジュラー式となっていることから、交換が容易な設計となっています。

また、本体の開封も必要なツールは僅かで、簡単に開く事ができるそうで、修理し易さを示すスコアは10点満点中8点と比較的容易に修理可能との評価となっています。

ただ、ハードディスクを交換する場合は、特別なファームウェアが必要となる為、アップグレードするには一手間必要な模様。

Xbox One S All Digital Edition Teardown – iFixit

Microsoft、ディスクレスの「Xbox One S 1TB All Digital Edition」を販売開始

「Xbox One S デジタル専用エディション」の内部は「Xbox One S」とほぼ変わらず − 光学ドライブポートやイジェクトボタンも存在