Microsoft、2019年5月のセキュリティ更新プログラムをリリース

本日、Microsoftが、2019年5月のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)をリリースしています。

Microsoftnewlogo1500

今月は全部で14件で、深刻度が一番高い「緊急」が7件、2番目に高い「重要」が7件となっており、以下のソフトウェアなどのセキュリティが修正されます。

・Adobe Flash Player
・Internet Explorer
・Microsoft Edge
・Microsoft Windows
・Microsoft Office、Microsoft Office Servers および Web Apps
・Team Foundation Server
・Visual Studio
・Azure DevOps Server
・SQL Server
・.NET Framework
・.NET Core
・ASP.NET Core
・ChakraCore
・Online Services
・Azure
・NuGet
・Skype for Android

また、本日発表されたIntel製CPUのハードウェア設計に存在する一連の脆弱性に対する同社の軽減策を説明するセキュリティアドバイザリ”ADV190013″も含まれています。

なお、各パッチともWindows Updateよりダウンロード及びインストールが可能で、各パッチの詳細はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。