Microsoft、新しいターミナルアプリ「Windows Terminal」を発表

本日、Microsoftが、新しいターミナルアプリ「Windows Terminal」を発表しました。

本アプリは、コマンドプロンプトやPowerShell、WSL/Linuxのシェルを利用するユーザー向けに新たに設計されたターミナルアプリで、日中韓のフォントや絵文字、合字などを含むUnicodeをフルサポートした他、GPUアクセラレーションを活用したDirectWrite/DirectXベースのテキストレンダリングエンジンを採用しているのが特徴です。

また、タブもサポートされており、複数のウィンドウをタブで切り替えて利用出来る他、カスタマイズ性やテーマおよび拡張機能のサポートも特徴となっています。

なお、オープンソースで開発されており、ソースコードはGitHubからダウンロード可能で、プレビュー版が今夏にリリース予定です。

[via 窓の杜

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。